「幸山(こうざん)」と「福山」を
めぐれば「幸福登山」

展望開ける倉敷北部山塊の主峰

倉敷ハイキング倶楽部/岡山 能瀬 雅国


「幸山(こうざん)」と「福山」を
めぐれば「幸福登山」

展望開ける倉敷北部山塊の主峰

倉敷ハイキング倶楽部/岡山 能瀬 雅国

 福山は岡山県南の倉敷・総社両市にまたがる標高302mの低山ながら、無数のハイキングコースがあり、訓練登山の身近な山として毎日多数のハイカーでにぎわう。福山を主峰とするこの山塊には、軽部山(かるべやま)、日差山(ひさしやま)などの多数の山・ピークがある。

 アクセスは、JR山陽線の倉敷駅、伯備線の清音駅などから徒歩40分〜2時間。マイカーのほうが便利だ。今回は清音(きよね)駅から直登し、安養寺(あんようじ)(経由倉敷駅)へ下るコースを紹介しよう。

清音駅から福山を望む 清音駅から福山を望む

 駅南側の踏切を渡って東へ向かい、道標に導かれて中国自然歩道を40分ほど進めば登山口が見えトイレもある。直登コースは1234段の階段が整備されており、途中で縦横の登山道がクロスし、一気に登ればもうそこは福山頂上で三等三角点、休憩処がある。頂上広場は南北朝時代の福山合戦の舞台となった国指定史跡「福山城址」となっており、その遺構は歴史ファンを楽しませ、木立の間から四方の展望が期待できる。

 頂上から北へ中世山(くるわあと)城址の「幸山」をめざす。郭跡などの遺構が残る山頂の北側には眺望が開け「鬼ノ城(きのじょう)」や「作山古墳(つくりやまこふん:さくざん)」「造山古墳(つくりやまこふん:ぞうざん)」などの吉備路の風土記の遺跡群が見渡せる。福山と幸山の両方に登れば「幸福登山」と呼ばれ、人気のコースとなっている。

 帰路は直登階段を横切って福山の南側へ下山し、毘沙門天を本尊とする安養寺を経て倉敷駅へ向かう。登山口から駅まで約5㎞、時間のない人はタクシーを頼むとよい。

 なお、このコースは中国自然歩道に指定されている。

倉敷ハイキング倶楽部が福山山頂に設置した標識倉敷ハイキング倶楽部が福山山頂に設置した標識

 情報・アドバイス

参考タイム 直登登山口>60分>福山>30分>幸山>60分>安養寺登山口
交通 山陽高速倉敷ICから国道・県道約10分、倉敷駅からタクシー約10分で安養寺登山口
問合せ 総社市清音支所 0866-94-0118
倉敷タクシー 086-422-5500
立ち寄り湯 サンロード吉備路 0866-90-0550 ¥610 11:00〜20:30
2万5千分の1地形図 総社市西部(そうじゃしせいぶ)、総社市東部、箭田(やた)、倉敷(くらしき)
出典 登山時報 2015年1月号

 ミニマップ

ミニマップ