白銀の富士が
真正面

頂上に広がる大パノラマ

大田ハイキングクラブ / 東京 石川 友好


白銀の富士が真正面

頂上に広がる大パノラマ

大田ハイキングクラブ/東京 石川 友好

 標高は722mでそんなに高くはないし、丹沢山地の外れにあってあまり目立たない。しかし、登ってみれば展望は抜群──それが大野山だ。それもそのはず、山頂一帯が乳牛を育成する放牧場の一面の草地で、目をさえぎるものがないのだ。富士山、箱根、丹沢、そして相模湾など、周囲を取り囲む山と海の大展望が広がる。

 しかも、JRの駅から歩き始めてJRの駅へ下山。中間と山頂に計3カ所のトイレもある。

 出発点はJR御殿場線の山北(やまきた)駅だ。交通量の多い車道を歩き、短いトンネルの先で右折。山ふところに入っていく。東名高速道路の下をくぐった先が登山口だ。樹林帯のなかを登ると、急に空が開けてたくさんの住宅が現れる。ここが古宿(ふるやど)の集落だ。廃校になった小学校横にトイレがある。

 なんでこんな山の中にたくさんの住宅があるのか不思議だが、トイレ裏には忠魂碑があり、戦争で多くの犠牲者がでたことがわかる。関東大震災の記念碑もあり、山崩れで大災害をこうむったようだ。首都圏の一角なのに、ここはまったく山里だ。

山頂まであと一息 山頂まであと一息

 またしばらく樹林の中を登り、一直線の階段が現れると、頂上一帯の放牧地に到着する。

 頂上では富士山が大きな姿を見せる。特に空気が澄み富士が白雪に輝く冬がいい。太平洋側に雪が降った後は、丹沢の主稜線もきびしい冬山のような眺めだ。

 頂上からは、富士を右に、箱根を正面に見ながら、一気に谷峨(やが)駅めざして下る。逆コースをとった場合は、山北駅裏の「さくらの湯」で汗を流すのもいいだろう。

頂上広場で頂上広場で

 情報・アドバイス

参考タイム JR御殿場線・山北駅>45分>大野山登山口>20分>古宿(トイレあり)>105分>山頂(トイレあり)>40分>林道(トイレあり)>45分>JR御殿場線・谷峨駅
交通 JR東海・御殿場線 山北駅、谷峨駅
※山北駅も谷峨駅もICカード乗車券は使えません
問合せ 山北町役場 http://www.town.yamakita.kanagawa.jp
0465-75-1122
立ち寄り湯 町営さくらの湯 http://kanagawa.ploccolo.jp/ashigaraue/sakuranoyu.html
0465-75-0819 木曜定休 400円
2万5千分の1地形図 山北(やまきた)
出典 登山時報 2016年1月号

 ミニマップ

ミニマップ