秀麗な山容の九州山地南部の主峰

太平洋・霧島連山も見える眺望抜群の山

【市房山(いちふさやま)1720.8m】

西都山岳会/宮崎 米田 智恵子


秀麗な山容の
九州山地南部の主峰

太平洋・霧島連山も見える眺望抜群の山
【市房山(いちふさやま)】宮崎・熊本

高槻勤労者山岳会/大阪 三鍋 敏郎

 日本二百名山・九州百名山・宮崎百山の一山で、宮崎県と熊本県の県境にそびえている。石堂山(いしどうやま)、天包山(あまつつみやま)と共に「米良(めら)三山」として親しまれ、毎年4月29日みどりの日に山開きが開催されている。

 登山道は、熊本県側と宮崎県側にあるが、一般的によく登られているのは熊本県側からである。私自身宮崎県民でありながら、変化に富んだ熊本県側のコースばかり登っていた。宮崎県側から登るコースは、林道ができるまで、1合目登山口からのコースしかなく、人工林が多いため、あまり人気のないコースだった。

国見山からの市房山(一番後方)。秀麗な山容が素晴らしい 国見山からの市房山(一番後方)。秀麗な山容が素晴らしい

ところが、5合目に通じる林道ができ、平成22年に完全舗装されてからは手軽に登れるようになった5合目登山口は車が約20台駐車でき、簡易トイレが設置されている。

 舗装されていない道を進めば、6合目から7合目の間の造林小屋まで車で行ける。この造林小屋は新築され、男女別トイレ完備の素敵な小屋になっている。今年初の登山は、市房山に登った後、木の香りが心地よいこの小屋でぜんざいや豚汁を食べて楽しんだ。

 このコースは、市房山の南東斜面を登るので、大変明るく危険箇所も少ないため初心者やファミリー登山にもってこいだ。特に8合目あたりから、正面に市房山の山頂が見え、右に石堂山や天包山などの山々、振り返れば霧島連山など眺望が素晴らしい。春にはツツジのトンネルが圧巻、夏は沢登り、秋は紅葉、冬は霧氷や雪で一年を通して楽しめる山である。

 下山したら「西米良温泉ゆた~と」で、ゆっくりするのがおすすめ。温泉はもちろん、食事や物産品、宿泊施設も充実している。

市房山からの眺望。奥に霧島連山が見える 市房山からの眺望。奥に霧島連山が見える

 情報・アドバイス

参考タイム 5合目登山口>40分>7合目>50分>9合目>30分>山頂>造林小屋>60分>9合目>30分>山頂
交通 車がベスト。西米良中心部村所までは、人吉IC又は西都ICからどちらも国道219号線で約1時間半。
村所から5合目登山口まで8.3km、造林小屋までは10.7Km
問合せ 西米良観光協会(西米良村役場内)
0983-36-1111
アドバイス 残雪の多い年にはワカンが必要、露岩などが多いのでスノーシューは不利。悪天時はホワイトアウトするので注意すること。
立ち寄り湯 西米良温泉ゆた~と
0983-41-4126

 ミニマップ

ミニマップ